時給751円でコンサルティングをやる理由

本日、プレスリリースも行いましたが、今月から弊社では
“時給751円のITコンサル”サービスを開始致しました。

幸い、早くもご興味を示していただいた会社様がありました。
ホッ(^_^)

詳しい内容については、下記のページをご参照いただければ幸いです。

ITS751画像

⇒ 時給751円の中小企業向けIT活用コンサルティング ITS751
http://vividpartners.co.jp/service/751.html

もちろん、採算なんて取れるわけがありません。

では、なぜこんなことを始めるか?ということですが・・・

それは、ほとんどの会社にとって、
今後益々、ITの活用が絶対に欠かせない事になるからです。

 

今、僕たちが普通に使っている「電話」も「FAX」もどんなものでも
最初は“新しいもの”でした。

それらがどんどん仕事に取り入れられ(ここから先が重要なのですが)
いつの間にか、それらがあることが前提として“仕事の有り様”が
変化していく
のです。

自然界でも、環境が変化していくと、その変化に対応できなかった種は
絶滅します。これは、多分ビジネスの世界でも当てはまることだと
思うのです。

 

僕が社会人になった頃、携帯電話も今ほど普及しておらず、
テレフォンカードとポケベルを会社から持たされて営業に回っていました。
多分、今そんな事をしている人はほとんどいないはずです。

この傾向は、今後益々加速し続けるでしょう。。。

どこにいても、スケジュールがチェックできる、必要な情報を共有できる、
コミュニケーションが取れる・・・,etc.
これは、「新しい便利なこと」から「あって当たり前の環境」に位置づけを
変えつつあります。

環境の変化への対応というのは、上記のようにその企業の生死に関わる
深刻な問題に発展する可能性を大いにはらんでいます。

 

しかし、特にIT系の会社でもない限り、中小企業にとって、いまだITは
ちょっとよくわからない難しくて、新しい代物で、うまく使えば仕事の役に
立つらしいぐらいの存在として捉えられているケースは少なくありません。

 

こうして、

「よくわからないことには投資できない。取り組めない。」

「益々、よくわからなくなる。」

「気が付けば、業界のライバルに取り残される。」

というような“負のスパイラル”に陥ることになります。

 

こうした“負のスパイラル”から脱却するきっかけになればと思い、
今回の『ITS751』の提供を決めました。

「よくわからないものにコストを払う」というハードルを
とにかく一度取り払いましたので、是非とも可能性に目を向けて
いただければ幸いです。

 

もちろん、751円/時間でも、お金を頂戴する以上、これまで自社で
取り組んできた内容や今、現在進行形で取り組んでいることなどをご紹介し、
その会社が取り組むとしたらどうすれば良いのかなどを、
できる限りお伝えするつもりです。

真剣に取り組むから、あえて無料にはしませんでした。

もし、ITの導入についてお考えの方がいらっしゃいましたら、
是非一度お声掛け頂けましたら幸いです。

ITを導入する側の中小企業としてこれまで取り組んできたノウハウと
パソコン教室事業を通じて培った“わかりやすく”“丁寧にお教えする”という
経験を活かして、一生懸命アドバイスをさせていただきます。

 

⇒ 時給751円の中小企業向けIT活用コンサルティング ITS751
  http://vividpartners.co.jp/service/751.html


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。