『他人は変えられない』というのは本当か・・・

この週末、ある方のご厚意で「パーソナルカラー診断」というものを
やっていただきました。

因みに、これ(下図)が僕の得意な色達だそうです。
今後、実際にお会いした際に「よく見られようと思ってるんですね」という
突っ込みは、大人の皆さんはされないものと思っております(~_~;)

color

これ、まだやってもらっていないという方は、
早くやってもらうことをおススメします。(特に、男性の方・・・)
ひょっとするとすごい武器を手に入れることになるかもしれないわけですから。。。

よく“他人は変えられない。変えられるのは自分だけだ。”
という言葉を耳にします。

これは大筋で正しいと思います。でも、これには続きがあります。
で、
ある程度までは“他人も変えられる”と思うのです。

ここで言う“他人を変える”というのは、どういうことか、
もう少し噛み砕いた表現にすると
「他人の自分に対する“アクションを変えること”ができる」ぐらいが、
適切でしょうか。

何が言いたいかというと、他人を変えるといっても、何もその人の性格や
プライベートな価値観、生い立ちによって刻み込まれた考え方を変えたいと
思うわけではないということです。

では、何を変えたいかというと、“自分との関わりの中での相手の行動や言動を
自分にとって望ましい方向に持っていきたい”
ということではないでしょうか?

これなら何とかなりそうな気がします。

“他人は変えられない。変えられるのは自分だけだ。”というと難しそうですが、
“自分を変えれば、他人(周囲)の反応は変えられる”というとできそうです。

前者は、一見すると“他人は一切変わらない”とも
読み取れてしまうのがよくないのです。

“他人は変わるよ。ただし、条件として、あなた自身が変わればね。”って
言ってくれればいいのに・・・

 

要するに、他人のアクション(行動や言動)と自分の行動は、お互いに
作用しあう関係
ですから、どちらか変えやすい一方に変化を加えれば、
おのずともう一方にも変化が出る可能性は高まるはずです。

この“最初の変化”を仕掛けるのに、
冒頭でご紹介した「パーソナルカラー診断」を使って、見た目の第一印象を変えるのは、
簡単に取り組めて、意外に効果が高い方法なのではないかと思います。

他にも、表情や声のトーン、ひと言目に発する言葉、返事の仕方(リアクション)に
注意するだけで、随分と相手に与える第一印象は変わってくるはずです。
第一印象が違うということは、戻ってくるアクションも違ってくるはずです。

 

他人からいつも好ましくないリアクションが返ってきているなら、
ちょっと印象を変えるようにしてみませんか?
よほどの相手じゃない限り、誰も好き好んで対立したり、争ったりしたいわけじゃ
ないでしょうから・・・(僕はやってみます)

 

本題は、ここまでです。

余談ですが、これは、僕のまったくの偏見かもしれませんが、基本的にファッション
センスの酷い人(あくまでヒドイ人です)の仕事は、よろしくないことが多いという
印象を経験上持っています。
これ、今回の「パーソナルカラー診断」をやっていただいて、なんとなく確信に
変わったように思います。

日本のメーカーの作るプロダクトがイタイ物が多いのも、なんとなくこういう所に
根っこがあるように思えてならないわけであります。。。オクチチャック(~_~;)


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。